実印の必要な欧米はサイン社会事例

印鑑イメージ

日常的に印鑑を使用している国は日本と韓国だけらしいです。
東アジアでのはんこの発祥地は中国ですが、発祥地の中国では会社などで使用する公印などはあるものの、一般家庭では印鑑はほとんど使用せず、サインだけで済ませることが多いそうです。

欧米はサイン社会なので、来日した外国人は日本の印鑑の習慣に最初は戸惑いや抵抗感を覚えるらしいです。
来日期間が長くなれば次第に印鑑の習慣にも慣れてはくるらしいですが、やはり違和感はあるようですね。

ある外国人はこう言っていました。
「今まで滞在したことのある国ではすべてサインで済んでいたので、日本へ来て印鑑を利用する頻度の多さに驚いた。」と・・・。
「契約書にもはんこ。車を購入するのにもはんこ。
書留などの郵便物を受け取るのまではんこを使用するのに最初は違和感があった。」
とも言っています。

在日外国人は銀行の口座を開くにも自分の印鑑が必要になるので、カタカナの印鑑を作る人が多いそうです。
実印や銀行印を作るのにも抵抗があるようですが、仕方なく作成し、大事に金庫などに保管しているそうです。

韓国の留学生はほとんどの人は自国で使用していたものを持ってきますが、中国の留学生は自国で作成してから来日するケースが多いようです。
素材は合成樹脂や木製のものが目立ちます。
円形で横書き二文字のはんこや楕円(だえん)形で縦一行に刻印したりするはんこもあり、すべて氏名が入りハングル文字の韓国でも、はんこには漢字を使う人が多いようです。

日本社会の国際化によるためか、印鑑を持つ在日外国人は年々増えているみたいですね。

〔お気に入りのWEBサイトご紹介〕

人気のデコネイル印鑑やキティちゃんのプリントされたキャラクター印鑑など、様々な種類のおしゃれはんこを格安でご提供中です。
かわいい印鑑は、個人用にもプレゼント用にもオススメ!

おしゃれはんこの専門店《キレイはんこ》へ

ページの先頭へ