簡単に気軽に押印してはいけない

実印イメージ

実印と銀行印の利用方法の違いは何なのでしょうか?

実印は不動産や自動車の購入などといった重要な取引などに使用するものが多く、銀行はその名の通り、銀行口座の登録、 ちなみに認印は日常的な雑務(配達物の受け取りなど)に使用することが多いです。

私は、実印は法的効力をもち、認印は法的効力がないと思っていました。
しかし、認印にも公的効力があることが分かりました。

その理由は、例えば、民事訴訟法では、自分の名前を自分で書くことはとても重要な意味を持っていますが、自分で名前を書く(署名)以外の方法で自分の氏名を記載し(例として他人に書いてもらうなど・・・)「記名」と「押印」があれば「署名」と同等の価値があると考えられるそうです。
そういう意味で、認印にも法的効力があるとのことです。

なので、「認印だから・・・」と簡単に気軽に押印してはいけないと思いました。

ここまで調べて、ふと「認印でも法的効力があるのならば、実印はひつようないのでは?」と疑問に思いました。
「なぜ実印は必要なのか?」

答えが分かりました。

それは、実印は印鑑登録ををした印鑑で、どこでも手に入るものではなく(大量生産されているのもではなく)、一つ一つ作られた自分だけのたった一つの印鑑であるため、より信頼性が高い印鑑であるということです。

公的効力という点では実印も認印も同じですが、実印は自分だけの印鑑を高いお金をかけて、はんこ屋さんに作成してもらい、市区町村の役所へ出向き、印鑑登録をしなければ実印とは認められません。
そして印鑑証明書を発行する際も手数料を払い交付してもらう必要があるので、信頼性が高いということです。

〔関連サイトのご紹介〕

大切な印鑑を汚れや破損から守るために、印鑑ケースは必要不可欠です。
天丸型の法人印鑑用のケースや、ゴム印を収納できるケースまで、幅広く取り扱っております。
ケースのカラーや素材、柄も豊富です!

印鑑ケースを見てみる

ページの先頭へ