実印の必要な事例

実印と銀行印

実印イメージ

私は実印は「印鑑登録」をしたものの、あまり使ったことがありません。
銀行印も銀行に登録してそれっきりです。
では実印はどういうときに必要になるのか調べてみようと思いました。

実印でなければならない場合

  • 金銭消費貸借証書、契約書、遺言状、金銭債務の確保の証拠書類など
  • 不動産の取引(土地や建物などを買うとき、売る時、抵当に入れるとき
  • 遺産相続の時
  • 法人の発起人になる時
  • 官公庁での恩給や供託などの諸手続き
  • 自動車購入や電話加入権の売買など
  • 保険金、保証金の受け取り
  • 婚姻届や出生届

と、私が調べただけでもこんなにたくさんあり、正直びっくりしました。
この中で私が使用したことがあるのは「婚姻届」と「自動車購入時」だけです。

一番驚いたのは、金銭関係でこんなにも必要になってくることでした。
よくよく考えれば「金銭関係」のトラブルは後を絶たないので、やはり本人証明を公的機関に証明するためには必要なんだなぁ、と思いました。

これから例えば、家を購入したり、遺産相続があったりした場合、必ず必要になってくるものなので大事に保管しなければいけない、ということが分かりました。

私の実印は、社会人になる時に作ったものなので、結婚して姓が変わると使えなくなるのではないか・・・と思い名前で作りました。
それも一般的な書体の実印ではなく、フォントが明朝のような、誰にでもわかるような書体。

ちなみに銀行印は必ず自分の氏名でなくてもよい、と聞いたのは印鑑を作っただいぶ後でした。

今考えると、ちょっと変わった銀行印を作ればよかったなぁ、と思っています。

〔印鑑サイトの決定版〕

印鑑選びで迷っていませんか?
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、お客様からのレビューをもとに、印鑑の売れ筋商品をランキング形式でご紹介しております。
初めてネットで印鑑を購入される方は要チェック!

ページの先頭へ